« 真夏のポタリング?! | トップページ | 夏休みの終わりに… »

ピスト…(-_-#)。

昨日の通勤レンジャ~の帰り道、一人のサイクリストを追い抜いた。

結構いいスピードで走ってた彼は やっぱり?ノーヘルだったんだけど バイクを見て驚いた。

なんとブレーキ無しのピストだったのだ。 車がかなり行き交う 夕方の旧国道をブレーキ無しのピストで しかもノーヘルで走るなんて自殺行為だ。

多分 彼も昨今の自転車ブームでバイクの乗り出したんだと思う。じゃなきゃあんなムチャはしない。ファッション誌なんかで街乗りピストが取り上げられて ブームになるのは別に構わない。が!!

ブレーキの付いてないバイクで公道を走るということが どれだけ危険なコトか どうやらわからないと思える。

ピストはバンクの中で レースをするための機材だ。街中を走る自転車ではないのだ。

あの競輪選手ですら ピストで街道練習する時は 必ずブレーキを付けて乗る。毎日毎日ピストに乗ってる彼らですらそうなのに 700Cのドロップハンドル、しかも固定ギアに初心者が乗ったらどうなるか?

第一 ブレーキの無い自転車は公道を走れない。

僕自身 トラックレースの経験があり、固定ギアでバック踏んでスピードを落とすのは大変なのはよく知ってる。

まして一般の道だ。自分だけでなく 他人にも確実に迷惑がかかるということを認識してほしい。

自転車がブームになり スポーツサイクルが一般に浸透すること自体は 素晴らしいことだ。しかし 今回のような人は 稀なケースではない。

水戸市内のブティックなんかにディスプレイしてあるノーブレーキの街乗りピストで街を走ってる姿をよく見る(…しかも たいがい無灯火だったりする…)。

こうなってくると モラルの問題でもあるし…。

業界でも もっとアピールしなくてはならない問題ではないだろうか…。

|

« 真夏のポタリング?! | トップページ | 夏休みの終わりに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりです。

いるんだ水戸にも、ブーム到来?
昨今、自転車による対歩行者事故による被害者救済のため自転車の自賠責保険を義務化することを国交省に被害者団体が申し入れたが、役人は難色を示したとの事。基本的にぶつかれば、酷い時には死亡する例もある。
 最悪の場合を想像出来ないのが一番の問題だろうね

 売る側の業界は、売れればよいが前面に出ていると感じるのは私だけだろうか?

投稿: koichi | 2010年8月30日 (月) 23時17分

います。それも結構な数…(-_-#)。

だいたいがアパレル系の輩かな。ひどいヤツなんぞは35cmくらいのフラットハンドルなんてのも…。

都内じゃホントに事故って死んじまってるノーブレーキピストも結構多いらしい。

少数のアホのためにマナー守ってる多くのサイクリストがバカをみることになる。

最悪。

投稿: SATOBE | 2010年8月31日 (火) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏のポタリング?! | トップページ | 夏休みの終わりに… »