« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

春の夜釣り in TokyoBay

春の夜釣り in TokyoBay
日曜日、バイトのイタリア人のルイと 久しぶりにシーバスゲームに行って来ました。

地元のポイントは まだ時期的に早く、とりあえず彼に日本の魚を釣らせてあげたいので 確率の高い(…と 思われる) 東京湾にプチ遠征です。

夕方 高速に乗れば楽勝〜!と思ったら なんと渋滞( ̄▽ ̄;)。常磐道では故障車が(^_^メ)、そして 首都高じゃ事故渋滞…(´Д`)。結局 3時間近くかかってしまい、二人とも釣る前からグッタリ。

気を取り直してポイント探索。今夜は 実績と釣り場迄のアクセスのよさで 京浜運河に決定〜!

さっきまで グダグダだったルイも ロッド(竿のコトです。ちなみにイタリア語では“カンナcannaといいマス)渡すと 目が輝くから面白い。

適当にルアーボックスに よさげなルアーを詰め込み、タックルをセットして いざ釣り場へ!

休日の夜だけに アングラーが多く、キャスティングの音があちこちから聞こえる。少し寒いけど、水面にはライズが! ゴロタ石のポイントで 二人ともキャスト開始。ルイはワンダー80、僕はコモモスリムをチョイス。音からして ライズの主はどうやらボラのようだ。

水は 昨日の雨にもかかわらず 結構クリア。ルアーをこまめにローテーションしながらキャストを繰り返すがノーバイト。 と、ルイが「プレーゾ!(きた〜!)」と 言いながら ロッドを立てている。「どう?」と聞くと「小さい!」という答え。難無くランディングしたのは30cm程の丸々と肥えた なんとマルタo(><)o 。当然 即リリース。

しかし その後全くアタリがない。気配もだんだん薄れてきてるので 思い切って場所移動。

運河の入り口あたりの公園の 首都高の下で回遊待ちするが、RB77に超ショートバイトがあっただけ。今夜は残念だけど 撤収。

帰りは 大井から水戸まで58分!! (皆さん 危険ですから 制限速度は守りましょうね?!)

今度は 那珂川の稚アユパターンで 一発大もの狙いだなっ!
ルイ! 釣れなかったけど 楽しかったね!

| | コメント (4)

20年モノ

20年モノ
20年モノ
先日 イタリアワインのインポーターのO社のリストを 眺めてたら (…このインポーターが取り扱うワインは 実に面白い! そのほとんどがビオか自然派。まぁ 一言で言えばマニアック。) なんと20年モノのワインを見つけた。

ロンバルディアのバルバカルロという赤ワインなのだが 以外にリーズナブル?なお値段。店用のワインも買う予定だったので ついでに一本頼んだ。

で、届いたワインを早速 味見! このモンテブォーノていう赤ワインは 本来は微発泡なのだが さすがにガスは感じられなかったが ちょっとヒネた感じが なんともよかった。

例のごとく コイツもビオワインで しかもノンフィルター。濁り具合がソソります。しっかり果実味も健在で とても二十歳?には思えません。ただし!これでもか〜っていうくらいオリが溜まってたので(当たり前!) デキャンティングしたほうがイイです。

それにしても、‘89年といえば いろいろあった年だったよ…。また 別なの 探してみよう!

| | コメント (0)

フーデックス 番外編?

今回のフーデックスは チケット配布の制限のせいか、はたまた 長引く世界不況のためなのか 例年より来客数が 明らかに少なく感じた。

出展企業も やや少なく、ちょっと静かな感じだった。
仕事がら イタリアを中心に、食材やチーズ、 ワイン関係のインポーターなんかを回ってみたけど 其ノ一にも書いたように ビオ関連のものが目立ったくらいで、全体的に 「ウチのコイツはすごいで~!買っといて~!」みたいな 例年のバワーは 弱かったなぁ。

イタリアの各ブースで 「(日本での)インポーターかディストリビューター 見つかった?」って聞くと 得意げにしゃべりまくってたのに 急に「実は まだなんだ…」と しょげちゃうイタリアーノも多かった。

せっかく いいモノを作っても今の状況だと難しいのかなぁ。とくに 目新しいモノじゃなく 真面目に 伝統的な手法でこつこつと作ってる、ただ美味しいだけじゃなく 人の温もりや情熱を感じとれる…そんな魅力的なものが 結構あっただけに なんとももったいない気がした。
相変わらず プーリアをはじめ南イタリアからの出展が多かったが 今年は 何故か ピエモンテが目立っていた。それと シチーリアからの出展が 例年になく少なく感じた。やはり 経費をかけて来日してもメリットが無いのかもしれない。

イタリア語が話せる分 「こんなこと言っちゃって 大丈夫?」みたいな事(…大体が グチだったけどね。)も あちこちで聞いたなぁ。

もちろん 明るく対応してくれる人が 圧倒的に多かったけど。ま、何にしても ウチらが 顔晴るしかないよね~。ポジティブにとらえて、楽しんでやりましょ~! 誰かが言ってた言葉だけど 「あがらない雨はない」からね!

| | コメント (0)

フーデックス‘09 其ノ三 完結編

フーデックス‘09 其ノ三 完結編
フーデックス‘09 其ノ三 完結編
フーデックス‘09 其ノ三 完結編
フーデックス‘09 其ノ三 完結編
フーデックス‘09 其ノ三 完結編
…ってなわけで ボトルのロッソもイイ感じで なくなってゆく。

プリモは アニョロッティとコルツェッティ カルチョフィとグアンチャーレのリゾット。
メインは スペインの雛鶏のアロースト。

プリモもセコンドもホントに美味しい〜!
ついでに ドルチェとディジエスティーヴォも。大満足の夜でした〜☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フーデックス ‘09 其ノ二

フーデックス ‘09 其ノ二
フーデックス ‘09 其ノ二
フーデックス ‘09 其ノ二
で、夜。幕張で落ち合った ict 12期の同期生Kさんと お友達で M笠会館勤務のAちゃんと 京橋のイタリアンに。

カウンター席に座り、まずは 一杯。なんとモレッティの生!
懐かしい味…。ヴェネトの白を追加して アンティパストを早速 ぱくつく。リーズナブルでボリュームもイイ感じ。

自家製のサルスィッチャやサングイナッチョ(豚の血のサラミ。濃厚なレバーみたいな味)、バーニャカウダ、ヒラメのカルパッチョ 等々、久しぶりに美味しいイタリアン♪

ワインも進みまくり。しかもこのお店、平日のこんなに天気悪いのに ほぼ満席! 何組も座れず帰っていってた。すごい。
いいところは見習って、参考になる事は勉強できる いいチャンス。リングラツィオも こんな みんなに慕われる店にしたい! と 酔いが回りつつあるアタマで考えていた…。
…其ノ三につづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フーデックス‘09 其ノ一

フーデックス‘09  其ノ一
フーデックス‘09  其ノ一
フーデックス‘09  其ノ一
フーデックス‘09  其ノ一
昨日 フーデックス2009(日本最大の食に関する見本市。世界規模!)に行って来ました〜!
場所は 幕張メッセ。とにかく あの コンベンションホール全部使って行われる 年一回の食のお祭り。SATOBEも 何だかんだで 毎年来てる。世界中からいろんな食材や飲料、調味料、お酒、その他 食に関わること全てが 幕張に集まる。

ただし 一般の人は 入場できません!このギョーカイの人間だけ!

中は残念ながら プレスを除いて 撮影厳禁なので画像はないんだけど、なかなか面白かったですよ〜!

今回は 今までより オーガニックを意識してる企業が目立ち ワインやオリーブオイルなんかは 各社 必ずビオ(有機の事)のアイテムが 2、3あった。

SATOBEの目的は ビオワインとイタリア食材。さあ 見つかったでしょうか…。続きは其ノ二へ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽量ホイール

軽量ホイール
軽量ホイール
軽量ホイール
この前 頼んでおいた カンパニョーロ レコルド(イタリアでは こう呼ぶ。)のハブが届いたので 去年 組んだアンブローズィオのリムを 早速組み直してみた。

32H 6本取りのイタリア組みで組んだのだが、その軽さにびっくり! リムも軽いけど レコルドのハブがすごい。DTのレヴォリューション 2.0-1.6 スポーク QR付きで ペアで1600gちょい!

フンパツして コルサCXなんかはいたら 走りも軽い♪

…でも、コイツは 普段履きはちょっとね…。ただでさえ 呑んべえの甘口レーサーなのに これ以上 脚甘やかしたらダメだよね〜。

普段履きは やっぱ レーシング5+デダ安タイヤだなっ!
それにしても けっこう覚えてるもんだな〜、ホイール組み。 30分くらいで 組み上げちゃったよ。

とにかく 走ろう…o(><)o

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »